スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハワイ出発日
2014 / 07 / 31 ( Thu )
会社から勤続20周年の休日を5日間いただけることになって

1年前からハワイ行きを熱望していました。

一生のうちに一度は行ってみたいと思っていましたから。。。

そしてあれよあれよと出発日が来てしまいました。

まだ何も調べてないよ~!

夕方、3時半ごろ家を出て成田へ出発。

夜8時過ぎの飛行機でハワイへ向かいました~☆
__ 1
レッツゴー!!!
スポンサーサイト
22 : 46 : 47 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一晩で
2014 / 07 / 17 ( Thu )
またまたグッタリなチュンでしたが、

病院でリンデロンを処方していただき、一晩で元気になりました。

でも、つくづくリンデロンって強い薬なんだな~と実感。

一緒に処方していただいたタガメットという薬を朝夕毎日飲むと

発熱周期が長くなる可能性があるとのこと。

少しでも周期が長くなるといいなぁ。

10 : 25 : 44 | PFAPA症候群 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
周期が短く!?
2014 / 07 / 16 ( Wed )
前回の診察の時、先生から、次回2週間後の14日(月)に来てくださいと言われていましたが、

私の仕事の都合で行けず、17日の予約に変更していただきました。

そしたらチュン、今日(16日)発熱しちゃいましたよ~(涙)

前回より周期が短く、2週間と3日!

保育園で夕方38度。帰宅して夜39度。

カロナールで少し楽になったみたいだけどやっぱりぐったり・・・

明日診察だからね、一日頑張って、チュン!
22 : 43 : 17 | PFAPA症候群 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PFAPA症候群
2014 / 07 / 01 ( Tue )
おととい、日曜の午後からチュンが発熱しました。

また39度まで上がっちゃいました。ぐったりです。

そして昨日は医療センターで、先生からのお話を聞く日だったので

ついでに診察もしていただきました。

先生からは、おそらく自己炎症性疾患の中の周期性発熱症候群(PFAPA症候群)でしょうと言われました。

先日の診察以降、私もインターネットで調べて、そうなんじゃないかと思っていましたがやっぱり・・・

特徴としては、発熱時のCRPの値が高い、抗生剤を打っても解熱しないなど・・・

前回の検査でまだ出ていなかったIgDの数値も標準より高いそうです。(通常0~12.6のところ32.7)

これも自己炎症性疾患の子供に多い特徴だそう。

ただ、この病気は8~10歳で自然治癒することが多いそうです。

でもチュンの場合食欲もなくグッタリ脱水になってしまうので

治療していただくことに・・・

発熱後はステロイドのお薬が効果的だそう。

ステロイドと聞いてちょっと抵抗がありましたが、先生からお話しをいただき

少量であるとのことなどから試してみることに。。。

そして、いつもの脱水の点滴と一緒に入れていただくと。。。

ぐったりだったチュンが、点滴が終わるころにはいろいろお話をするようになりました(^^)

解熱もして、その後、寝る前に一度だけ飲み薬(リンデルシロップ)を服用すると

今朝にはすっかり食欲も戻りました!

病名と、それに効く薬が判明して本当に良かったです。

発熱発作は今後も定期的に起こるようですが、もう何日も苦しまずに済みそう。

自然治癒まで、出来るだけ記録していきたいと思います。

最後に。。。

パパが海外出張中で、今回の通院はサエがパパの代わりに荷物を持ってくれたり

たくさんお手伝いをしてくれました☆ありがとうね!サエちゃん☆
14 : 12 : 21 | PFAPA症候群 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
医療センターにて
2014 / 07 / 01 ( Tue )
6月10日(木)に医療センターへ行ってきました。

チュンは熱は下がりましたが、食欲は全くなし。

とりあえず、診てもらいました。

そこの先生もインフルエンザB3回にはビックリ!「ありえません!」とのこと。

紹介状を読んでくださり、その日も血液検査と尿検査と点滴。

その日の検査では正常値に戻っていましたが、

「今までの検査結果から、おそらく自己炎症性疾患の1つでしょう。もうひとつIDGの検査結果に時間がかかるので30日にもう一度来てください。」

自己炎症性疾患?初めて聞く名前でした。

点滴が終わるとチュンが「お腹すいた~」と大騒ぎ

とりあえず、元気になって良かった
12 : 58 : 16 | PFAPA症候群 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新しい病院にて
2014 / 07 / 01 ( Tue )
6月6日(金)  夜発熱。

7日(土)     新しく行ったOクリニックで薬を処方してもらいました。
           まだ割と元気。月曜日にまだ熱があったら再度受診するよう言われました。

8日(日)     熱は38度弱ありましたが、割と元気だったため家族で法事に出席。
          食事のあたりからぐったりめ。熱が上がってきた様子。処方された風邪薬とカロナールで持ちこたえまし           た。
  
9日(月)     夕方、再度受診。即血液検査と点滴。点滴はソリタ01脱水を緩和するお薬です。
          先生はとてもやさしく、今までの1ヶ月に1回の発熱の状況など熱心に聞いてくださいました。
          インフルエンザBに3回かかった話をすると驚いていました。
          そして明日また点滴しに来るようにとのこと。

10日(火)    解熱しましたが、CRPの数値と脱水の数値が良くないので脱水の点滴に抗生剤を追加

11日(水)    点滴前の血液検査で、まだ数値が良くないとのこと。
           免疫系の病気かもしれないと
           医療センターへ紹介状を書いてくださいました。   
     
12 : 47 : 03 | PFAPA症候群 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
繰り返す発熱
2014 / 07 / 01 ( Tue )
一年半ブログをお休みしていました

いろいろありましたが、今日は病気についてメモ代わりに記録します。

男の子が病気に弱いとは聞いていましたが、チュンは熱ばかり。

今6歳になったばかりですが、4~5歳の頃から

気がついたら1ヶ月に1度は必ずといって4~5日発熱していました。

最近は発熱すると食欲もなくなり、ぐったりしてしまうので、発熱の度に点滴を受ける状態。

今年はインフルエンザB型に3度もかかり、あまりの免疫の弱さにビックリ。

かかりつけのお医者様に、「こんなことってあるんですか?あまりに弱すぎませんか」と聞いてみると

「同じシーズンにインフルBに3回かかることはないんですけどね~、結果でちゃってますから。」
「風邪のウイルスってたくさんありますからね~。
でもねお母さん、こういう小さいときにたくさんお熱を出した子は、大きくなったらとっても丈夫になりますよ」

とのこと。

でも親としては、4日も5日も子供が熱にうなされてぐったりした姿を毎月見るのは辛いもの。

思い切って病院を変えてみることにしました。
12 : 22 : 59 | PFAPA症候群 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。